【五大藩】加賀藩・薩摩藩・仙台藩・紀州藩・長州藩

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/21(土) 21:22:57.21 ID:oL3RMMY50.net
江戸時代の大藩といえば、ベスト3が加賀・前田家の102・3万石、薩摩・島津家の77.1万石、仙台・伊達家の62.5万石の外様3藩。
続く4位が御三家の尾張徳川家62万石で紀州藩は5位である。

以下、熊本・細川家54万石、福岡・黒田家52.3万石、広島・浅野家42.6万石、長州・毛利家36.9万石、佐賀・鍋島家35.7万石。
以下御三家の水戸徳川家35万石、鳥取・池田家32.5万石、津・藤堂家32.4万石、福井・松平家32万石、岡山・池田家31.5万石までが30万石以上の大名
http://www.ken-ohashi.jp/contents/2b/dagakki3/05series/55mangoku.html

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/21(土) 21:24:05.67 ID:oL3RMMY50

幕末動乱が吹き荒れる中にあって、仙台藩は薩摩藩・長州藩・土佐藩・加賀藩とともに五大藩として挙げ
られ、大いにその活躍を期待されていた。

特に仙台藩では、当時の諸藩で一番多くの家臣数を誇っていたため、一度活動すれば、大いに時勢が
動くと知識人は見ていた。
 ”奥州の眠れる獅子”と呼ばれた仙台藩は、公武合体を成すに当たって、重用な筆頭となるべき藩だったのである。
http://jpco.sakura.ne.jp/shishitati1/kakuhan-page1/13.htm

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/22(日) 02:59:01.12 ID:2X1cHe490

加賀藩ってマジで幕末になんにもやってないな。
福井藩の方がよっぽど立派

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/22(日) 09:04:36.48 ID:nRVRUwlw0

>>3
天狗党の乱の鎮圧に当たったんじゃなかったか?

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/24(火) 03:09:04.30 ID:A2iMWbZF0

>>3
鳥羽伏見の際に幕府方として出兵しようとしたけど負けたと聞いて
新政府に帰順している。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/24(火) 22:59:26.20 ID:X+89Kmmu0

しかし宇和島藩は小藩ながらよくあそこまで幕末に存在感を示せたね。
伊達宗城公様様ですな。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/25(水) 02:23:07.97 ID:E9OSHJgC0

>>6

宇和島藩=現高ギリギリ5万石超えだったので、叙爵内規に則り伯爵に叙爵。
後、伊達宗城の維新勲功により陞爵、侯爵。

仙台藩=戊辰戦争の懲罰削封が原因で現高6万7千石強、叙爵内規に則り伯爵に叙爵。

→本流・庶流逆転→仙台藩家涙目→「家伯」と書いて「かはく」と読ませる珍造語が生まれるw

コラ!Y宗!!地震で倒れた墓石建て直すとか言ってる場合か!!
相馬救援隊を見習わんか!!

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/25(水) 12:07:12.17 ID:Ww3OcWZHO

>5
篭城していたら紀州共々、大阪城攻めに参加したかな?

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/05/27(金) 19:59:35.09 ID:/TWQV9Hc0

妙円寺詣りが、なぜ旧暦9月14日なのか…

http://s1.shard.jp/rabbit1/0204/45/299_1.html

9月14日は、なんと春日局の命日であった。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/04(土) 11:31:26.81 ID:mrTw4rOR0

津藩も石高は一丁前だが幕末の政界で威力を発揮できなかったね
一応藤堂家は伯爵だけど

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/04(土) 15:39:21.06 ID:iwkxOYMD0

>>10
国持大名&あの表高で、現高15万石超えないなんて恥ずかしい(><)

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/04(土) 15:56:36.29 ID:dcD8PpVR0

>>8
参加しても役に立ったかどうかは……
北越戦線での扱い的にw
真偽を確かめたことはないが、鳥羽伏見敗戦後は大割拠目指したって話も

13 :8:2011/06/05(日) 10:55:32.05 ID:Uhf9OxbzO

>12
篭城していたら徳川に、味方するでしょうね。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/05(日) 11:01:35.49 ID:wSw2Xnx60

俺の待望のスレが来たか・・・
幕末の仙台は幕府に数回貨幣鋳造申し出てるほど、経済破綻している。
それにくわえ、蝦夷地警備ときたら京都藩邸は抜け殻状態。
薩摩密貿易や偽金。長州は撫育方。土佐は藩政改革。
仙台は林子平の策、してれば・・・結局藩内の統治制度に問題が。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/06(月) 03:03:57.00 ID:Um+jgHoz0

>>13
正直それは単なる希望的観測だなぁ。
加賀藩の軍がどの時点の報告を聞いて撤退を決断したのかが分かれば、
その辺の判断材料になると思うが。
鳥羽伏見の報だけを聞いて撤退なら、まず日和見だろうw
大坂城退去まで聞いて撤退を決断したなら、そうならなかった場合は
そのまま進軍してた可能性もある。

加賀と仙台が近代化してたら、情勢も大きく変わったんだろうなぁ。
藩政改革の動きとか無かったのか?

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/06(月) 09:07:56.67 ID:P7r+lNgPO

薩長に味方するでしょう。
仙台は額兵隊がありましたよ

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/06(月) 09:24:22.46 ID:i/CXCKGe0

安泰大藩ならではのフットワークの悪さが仇為したパターンが多いな。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/06(月) 09:30:34.21 ID:ljSh0pLM0

間に合わなかったんだっけ、それとも出し惜しみしたんだっけ、額兵隊

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/06(月) 10:33:53.95 ID:SwB6gs0cO

藤堂藩

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/06(月) 10:49:39.71 ID:P7r+lNgPO

>18
どっちもでしょ。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/06/06(月) 16:03:23.64 ID:eTIFQ2/80

額兵隊の1部は脱退して函館で土方の一緒に奮戦してるんだけどねw

まさか新政府が諸藩の外国負債負うの知ってたら、買い漁ればよかったのに

金沢は京都に近いのに、2回は主役になれたでしょ。秀吉死後と幕末。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/03(日) 21:35:52.33 ID:39uhYq/00

淀藩の最後裏切り

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/10(日) 21:53:18.57 ID:y11Rpzg/0

>>2
「アジアの眠れる獅子」清国同様、奥州の眠れる獅子も実は死にかけた豚だったのである。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/12(火) 22:19:09.72 ID:htM6X9g70

でもなんかヤル気は満々

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/14(木) 08:29:48.82 ID:WVzdlDJGO

加賀藩の天狗党残党大虐殺

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/11(木) 23:13:17.94 ID:2nBmBTm70

奥州の眠れる獅子は立地上、シナや西洋諸国と幕末に貿易できなかったのが最大の敗因。
薩摩や佐賀はもの凄い西洋技術を身につけていた。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/12(金) 00:14:58.80 ID:s3RQew/h0

やろうと思えばいくらでも出来ただろ
自分達が住んでる土地を奥地と思い込んでいた人間が多かっただけだ

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/12(金) 13:18:16.56 ID:ARr07uud0

庄内藩や長岡藩とかも、同じ様な立地なのに頑張ってたしね。

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/12(金) 23:02:38.21 ID:XLAjb1ZaO

庄内は裏切り者の菅を、処刑するべきだった

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/14(日) 17:53:23.38 ID:pvereEQT0

金沢と仙台は賊軍だったから県名になれなかったな

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/17(水) 08:58:16.93 ID:UwxqtzwG0

もしもの時の為の蓄えを庭づくりに使った加賀、そもそも蓄えてない仙台

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/09/13(火) 00:46:14.42 ID:AHZZqBqz0

加賀藩の職制
http://www.spacelan.ne.jp/‾daiman/rekishi/rekishi07.htm

 加賀藩の最高の家格は「年寄」です。
 加賀八家(はっか)とよばれ、藩の最高決定機関として合議制で藩政を運営しました。

 本多家(5万石)
 長家(3万3千石)
 横山家(3万石)
 前田土佐守家(直之系 1万1千石)
 前田対馬守家(長種系 1万8千5百石)
 奥村家(嫡流 1万7千石)
 奥村家(支流 1万2千石)
 村井家(1万6千5百石)
 の八家で、いずれも万石以上の知行をもっています。

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/30(日) 23:25:47.33 ID:LEWwzOfL0

幕末期の加賀藩の存在感のなさは異常。大藩なのに。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/05(土) 23:55:21.99 ID:KS3btdOq0

“薩長”商議所が友好盟約 観光で連携強化へ
http://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/news/digest/2011/1105/4p.html

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/07(月) 17:14:51.18 ID:e7ZmNk0I0

フローが大きくてもストックは意識しないと貯まらないもんでしょ

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/08(火) 12:22:27.51 ID:84C7mnALO

>>42
梅鉢艦隊ですか

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/08(火) 14:52:32.90 ID:glw08CH90

加賀藩士が、存在感をはじめて示したのは、明治11年の大久保暗殺だよ。

幕末の加賀藩は、徳川慶喜と良好な関係であったので、積極的にはうごかなかった。

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/08(火) 15:23:39.38 ID:glw08CH90

■旧加賀藩士族が掲げた、大久保暗殺理由(斬奸状)
 「薩長藩閥の専制独裁」
 「法令の乱用による政府官吏の私利私欲」
 「国費の乱費と憂国の士の排斥」
 すなわち、大久保らの専制政治は民権を抑圧して国費を浪費し、政府官吏の私利私欲。さらに外交の失敗により国権の失墜を招いたというものです。

■平成の石川県で、こういう運動があったみたいだな。
 島田一良ら六烈士慰霊祭
http://www.houyusha.jp/menu309.htm
http://w2223.nsk.ne.jp/‾toramoto/tash1.htm

http://www.spacelan.ne.jp/‾daiman/data/zatugaku06.htm
大久保利通は明治近代国家建設の為、ある一面に於ゐては貢献したかもしれなゐが、その手法につゐては国の行末を大ゐに誤り、
大久保が推進する西洋覇道主義は決して日本に相容れるものではなかった。島田一良ら六烈士は西郷党の残党とはいへどもその節を守り、
あくまでも東洋王道の道を歩まむとしたところに第二維新先がけの片鱗をみるのである。
その精神は伏流水のごとく平成の時代にまで脈々とながれ、僕たちの運動に継承されてゐる。

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/08(火) 18:27:00.89 ID:Ul1SWcvw0

>>51は、少し頭を冷やしたほうが良いよ。

大久保暗殺の責任は、川路であると言うのが、明治11年当時の批評だよ。
あんまり、石川県人を馬鹿にしないほうが良いよ。

新撰組は、池田屋事変では、たった数人で、大量の攘夷派の中に斬りこんでいるよな。
これも、本物の武士ではないと馬鹿にされた反動が、池田屋で爆発したからだろ。

長州は、池田屋事変の前に、新撰組のことを大分馬鹿にしていたようだからな。
長州藩士って、相手を馬鹿にして怒らせることの恐さを実感していないんだよな

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/08(火) 18:55:44.62 ID:5kyJPMeE0

>>55
つっても戦場ではクソの役にもたたなかったけどな>新撰組

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/21(月) 15:10:19.12 ID:xI/iRmsY0

『相州文書』「甘粕文書」所収、伊達政宗の自筆書状(天正〜慶長年間の某年)

  昨日者返答辱候、以上、

此方ヘ御越、可懸御目与、令
満足候、今日可参候ヘ共、可為
御休息与、先延引仕候、何
様明日わたり参候而、可得賢
意候、恐惶謹言、

  霜月六日     政宗(花押)

               羽越前

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/28(月) 15:01:27.83 ID:WA1Y6M/O0

仙台と米沢は戦する気なかったけど、世良参謀(元漁民)の上から態度と口に
キレて奥州戦争と拡大したけど、加賀はすんなり降伏したの?
薩長側の交渉役が巧かったのかな?

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/28(月) 22:13:46.19 ID:K2hXyjm+0

仙台藩と米沢藩ってアホなんじゃないの?
成り上がりだろうと、彼の後には新政府がいるのに。
そして戦争の口実がほしかったのは新政府なのに。

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/01(木) 15:16:14.00 ID:wmyyFgiQ0

長岡藩はそれ以前に、会津中心で越後諸藩を反新政府で固める会議に
出席してたしなぁ。
まぁ本気だったとしても武備中立は無理だべ。
長岡藩が裏切ったら、余裕で退路遮断されて壊滅する形勢になるし。
最低でも従軍は必須。その辺、まともに交渉できてたらどうなったのか興味はあるな。

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/23(金) 21:07:01.05 ID:68zMyJyx0

廃藩時に人口が多かった藩 (人口は『明治史要』による)

106万5910人 金沢藩 (富山・大聖寺藩を加えると124万7061人)
91万7497人 名古屋藩 (高須藩2万6420人吸収後、犬山・今尾藩を加えると98万9963人)
91万4157人 広島藩 (広島分地藩吸収後)
89万6808人 鹿児島藩 (佐土原藩を加えると92万3228人、琉球を除くと77万2354人)
81万3886人 静岡藩 (明治維新後に成立)
71万9990人 熊本藩 (宇土・高瀬藩吸収後)
71万4022人 徳島藩
60万8475人 山口藩 (徳山藩吸収後、岩国・豊浦・清末藩を含めると78万2390人)
52万8408人 和歌山藩 (西條・田辺・新宮藩を加えると69万6346人)
51万6866人 高知藩 (高知分地藩吸収後)
43万5267人 秋田藩 (岩崎藩を加えると45万3736人)
42万5762人 佐賀藩 (蓮池・小城・鹿島藩を加えると51万2096人)
38万8409人 福岡藩 (秋月藩を加えると42万1493人)
37万8734人 鳥取藩 (鹿奴・若桜藩吸収後)
35万8327人 岡山藩 (鴨方・生坂藩を加えると39万4905人)
29万9223人 高松藩 (水戸藩の支藩とされる)
29万6750人 松江藩 (広瀬・母里藩を加えると33万1325人)
28万8842人 弘前藩 (黒石藩を加えると30万4774人)
26万2085人 久留米藩
25万9344人 水戸藩 (高松・松川・石岡・宍戸・松岡藩を加えると61万29328人)
24万4252人 津藩 (久居藩を加えると28万3094人)

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/26(月) 14:41:22.04 ID:U9T5UPMS0

徳島藩が意外と多くて驚いた。
確か表高は25万石だよね。

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/30(金) 22:33:38.75 ID:7qZVudhd0

>>73
明治初年の若松県の人口は14万9976人じゃなくて、19万9211人に訂正。
これには旧南山御蔵入領も入る。
明治になって斗南藩に移住した武家が約1万7000人、
帰農したり東京へ移住したりした武家が約5000人だそうだから、
19万9211人に斗南藩移住分約1万7000人を加えた21万6000人前後が
幕末の会津藩の人口。

1854年の会津藩の人口22万5774人との差1万人は、もしかしたら越後にあった
会津藩預地1万石分(越後の領地とは別)の人口かも知れない。

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/03/02(金) 21:52:56.66 ID:NZ/LGKMP0

というか、鹿児島は他県に比べて士族率が圧倒的に高いからだろ。

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/04/05(木) 02:43:17.58 ID:swkGTmaN0

ちなみにこの時府県会に被選挙権を有する者は、地租10円以上を納め、
その府県に本籍を有し、満3年以上居住する満25歳以上の男子に限られていた。

明治23年11月15日調の統計では、府県会議員の被選挙権を有する者は
日本全国で75万5412人(華族151人、士族3万0704人、平民72万4557人)に対し、
府県会議員は2230人(華族1人、士族462人、平民1767人)。

全国平均では、被選挙権を有する士族の66人に1人が、平民の410人に1人が府県会議員に選挙で選ばれた。
とりわけ大阪府の場合、被選挙権を有する士族110人中11人が議員に当選している(10人に1人)。

一方鹿児島県では被選挙権を有する士族4425人中、37人しか議員になれたかったわけで(120人に1人)、
士族にとっての府県会議員になり難さでは、下から10番目。

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/05/04(金) 22:07:39.59 ID:vStqnM8xO

江戸時代後期でも知見が広くて学問に精通してる人は珍しく一国の藩主でさえなかなか居なかったが、薩摩は島津斉彬公をみても分かるとおり藩主自らが伝統的に学問を重んじてたからな。
「島津に暗君なし」と言われるように藩主は代々勤勉で、その藩主に使えてる士族達ももちろん勤勉だったわけで
だからこその、異国の技術や知識を取り入れるのが早かったわけだし

他所の藩の士族は力だけのアホだから少ないのは当然なのに、それを持って時代遅れとは(笑)

198件をまとめました。
最新情報はこちら